GORILLAZ
GORILLAZ

なぜなに日記


不可思議なこの世の不思議を吐き出す日記
by QQuestion
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

環境の考察

近頃環境への配慮が叫ばれる昨今、
いろいろな方面で環境対策がなされている様である。
太陽光発電やリサイクル、低電力商品への切り替え
植物由来の媒体への変化など様々な技術を駆使して
環境対策が行われているようである。
そのような中、本当の意味での環境って何かと考えてしまう。
自然のままが環境的?
それとも叫ぶ人が正義(独裁的)に言うことが環境的?
いままで、反環境的な電気やTVを使ったり、反環境的な衣服を身に着けたり、
反環境的な呼吸をしたりする人が、
環境をさけぶ前に
環境的で無いので 「仕事を辞める」 事でTV局で出される熱(光)やCO2を削減するとか、
環境的で無いので、「裸体で生活」 生産することで環境に悪影響のある服は着ないとか、
環境的で無いので、「一切の食事」 を辞めて 生きてる 植物 や 動物 を守るとか
*Co2を排出する動物だけ食べるとか・・・
声高に叫ぶのは、独裁的な、自身に関係しない(仕事辞めない)エセ環境である。
しいて言えば、911の様なテロ的な事でも、環境と言う「お題目」があれば、環境主義者は正義なのであろう。

本当の意味での環境を考えるような人に会ったためしが無い。
それは
最高に環境的である 生きることを辞めた人 だからなのか?
それは聞いても判らないのかも。
[PR]
# by qquestion | 2010-08-27 13:03

獣の奏者

久々の書き込みで、最近読んだ本で、引き込まれるように読んだ本である。
好き嫌いはあるが、独特な世界観で、描かれた人間模様で、深読みしなくても楽しく続編へ読み進み
怒涛のラストへ突き進む!
なんでも本来は、この単行本化された2冊で終わりらしかったのだが、
要望が強く^^最終的に4巻になったとのこと。
この小説に引き込まれた1ファンとしては、うれしい限りである。
[PR]
# by qquestion | 2010-04-14 18:41 | 書籍

生命の神秘

無の中を彷徨いながら、興味深い本と出会い、久々の投稿である。
その本とは、「生物と無生物のあいだ」福岡伸一先生著である。
内容は、題名のとおり、生物と無生物の境目を、興味をそそる研究者の逸話を織り交ぜながら無学な私でも理解できる内容で面白く読み進める事が出来る素晴らしい本でした。
中でもウイルスは生物かの段落など生命の微少レベルの話や、各箇所の新陳代謝など、など、帯びに書かれている「読み始めたら止まらない」的な感じで読み進みました。
是非機会があればお読みください。
[PR]
# by qquestion | 2007-12-20 19:36
RELEASE INFORMATION NEW ALBUM

[通常盤]「Now On Sale!!」
TOCP-66380/¥2,548(税込)

[DVD付 初回生産限定盤]
「Now On Sale!!」
TOCP-66381/¥3,500(税込)

NEW SINGLE
WMP HIGH LOW
REAL HIGH LOW
OFFICIAL SITE
海外オフィシャルサイト
http://www.gorillaz.com/
日本オフィシャルサイト
(PC&携帯共通)
http://toemi.jp/gorillaz/
excite MUSIC